English

HOME

  • 美容師の方へ 参加サロンを大募集
  • 企業・一般個人の方へ 協賛のお願い
  • 美容メーカー・卸の方へ 協賛のお願い
  • 協賛リストはこちら
  • Beauty Force支援活動報告書
  • 被災した美容師へのお届け画像
  • 被災者の喜びのメッセージ
  • 被災した美容師の髪をきる応援企画の喜びの声
  • 活動報告ブログを観る
  • twitter
  • facebook
  • メルマガ登録はこちら
  • Beauty Forceチャリティセミナー 動画販売中
発起人(実行委員)メンバー

代表:尾﨑隆司(INSOLITE BEAUTE)
柏木ゆたか(HOULe)
木村文一(Terrace AOYAMA)
小松利幸(ANTI)
斉藤充弘(RED HOT)
坂巻哲也(apish)
土橋勇人(DIFINO)
西海洋史(CALON)
宮村浩気(afloat)
新井唯夫(FEERIE)
大川たみこ(masago)
足立英也(masago)
角薫(dea)
上田美江子(Mieko Ueda STUDIO)
北村慎太郎(Ivory Inc.)
高田秀子(ヘアライター)
山名芳雄(事務局)
監事:松田和彦(税理士)

支援協力団体

・個人情報保護方針

・Beauty Force メンバー規約

支援内容について

被災地で、職場を失った美容師はたくさんいます。その美容師の復興支援としてビューティ フォースよりサポート活動を考えています。まずは被災地の美容師さん一人ひとりを助けることで、そこから多くのお客様の喜びにつながればと思っております。

1. 被災した美容師さんの髪を切る応援企画!


6月12日大船渡市 anti 小松利幸さん

これは震災の影響で、ブランクのある被災した美容師さんからの技術スキルアップの要望を受けて、ビューティフォースのメンバーが被災地に行き、被災した美容師の髪をカットして応援します。セミナー形式で実施していきます。
少しでも被災した美容師のモチベーションアップにつながればと思っております。

2. facebookを活用したマッチング支援

支援が必要な人と、支援したい人をつなぐマッチングの場所としてfacebookを活用します。おもに美容物資の支援を目的として、余っている物資を送りたい全国の美容関係者と、被災した美容室からの要望を効率よくマッチング。

仕組み : facebookでグループを作成。事務局が被災地のニーズを随時、ヒアリングして、wallに投稿します。メンバーサロンや協賛企業がその投稿をチェックし、対応可能な方がコメントを入れていきます。
参加方法:グループへの参加ご希望の方は以下のURLからBeauty Forceのfacebookグループページに行き、グループへの参加リクエストを出してください。
事務局で承認しグループのメンバーになっていただけます。Beauty Forceの趣旨に賛同していただける方であれば、基本どなたでも参加が可能です!
http://www.facebook.com/groups/beautyforce/

3. 営業再開を知らせる新聞広告支援と被災サロン限定集客ポータルサイト(集客支援)


9.30.12 東海新報

被災地の地域新聞に、復興したサロンからのメッセージとして支援広告を掲載。
震災前の大切な顧客と連絡が取れるなど、集客につながる支援として喜ばれています。
また、この度、美美美コムとコラボレーションし、被災サロン限定の集客ポータルサイトを立ち上げます。被災サロンは無償でご利用が可能になります。
http://www.beautyforce-portal.com/

4. 被災した美容師への物資支援


美容室木下 着付けセット支援

被災した美容師に物資をお送りします。 現地の方のニーズに合わせて、提供可能なものをお送りしていきます。

5. 今までの支援の継続

一般の被災者への美容物資支援、美容師ができる支援など。

6. チャリティセミナーの開催


仙台チャリティセミナー

チャリティセミナーを開催し、参加される皆様にとってもお得で役立つ内容を提供するとともに、引き続き
募金を呼びかけ、「忘れないことが大事な支援」という思いを伝えていきます。

協力NGO、NPO団体

●NPO法人日本エコツーリズムセンター

被災地でのボランティアカットのコ―ディネイト協力

●NPO法人 オックスファム ・ジャパン

被災地の女性に、スキンケア、メイク等の化粧品の提供

●国際協力NGO ジョイセフ (家族計画国際協力財団)

被災地の妊産婦や乳幼児を抱える女性に、必要な物資やサービスを援助

●認定NPO法人 チャイルド ファンド ジャパン

被災地のストレスを抱える子どもの心のケアをする手引書の作成、配布、 被災地の 学校の先生などに向けた研修会、被災した子供への教材の提供

PAGE TOP